趣味や買い物、その他調べた事等の備忘録

行け!もるちゃん

MVNO

MNP手続きを行う

更新日:

MVNOへの移行手続きですが、端末も決定、移行先のキャリアも決定したので早速手続きを行いました。

まずはSoftbankからMNP予約番号を貰う所からスタートです。方法としてはお問い合わせ窓口に電話するか直接店頭に行くかですが、僕はお問い合わせ窓口に電話する方法で行いました。Softbank携帯からだと「*5533」にダイヤルするとMNP用お問い合わせ窓口に繋がります。電話が繋がるとオペレータにMNPで転出したい事を伝えると理由を聞いてきますので、隠すこと無く素直に料金の問題だと答えます。そうすると噂で聞いていた引き留め工作になります(笑)僕の場合は3万円分のポイントでした。その条件では靡けない旨を伝えると後はサクサクと手続きが進みました。内容としてはMNP転出手数料に2000円、後はローンが残っていた場合は月月割りが無くなるので金額が上がる事、それと僕の場合は親回線でしたので転出した場合は残る回線のうち、どれを親回線にするか?と問われますので予め電話番号を決めておくと話が早いと思います。手続きが終了するとすぐにSMSでMNPに関する重要なお知らせとMNP予約番号が届きました。ちなみにSoftbankは今年の4月15日受付分以降は値上げするみたいです。

MNPの手続きと並行してOCNの音声SIM申し込みキットと手配し、到着を待ちます。

実際の日付として僕が手配したのが1月の15日の夜。で、商品が届いたのが1月の17日でした。最近は1円でも安く、ではなく手軽で楽ちんなAmazonばっかです(汗)

wpid-wp-1422635325171.jpeg

商品としてはこの冊子みたいなのだけです。
中を開くと手続き方法と注意書きが書いてあります。

wpid-wp-1422635366966.jpeg

 

一番大事なアクティベートコードはシールで貼られています。

wpid-wp-1422635343152.jpeg

 

冊子を見ながらOCNのお申し込みページにアクセスします。
後はホームページの指示に従って必要事項を記入すれば手続き完了です。申し込み手続きに必要だったのは、冊子に書いてあるアクティベートコード、月額料金支払い用のクレジットカード番号、本人確認用書類(僕は運転免許証を撮影した写真)の3点でした。

申し込みページには

※音声対応SIMカードは、本人確認後の手続きが完了した日から2営業日後にご契約住所宛に「転送不要」で発送いたします。

となっていましたので、後はウキウキしながら待つだけです。

-MVNO

Copyright© 行け!もるちゃん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.