趣味や買い物、その他調べた事等の備忘録

行け!もるちゃん

プロポ モル・チャン

Taranis Q X7でE010をバインドする

更新日:

前回のX7の開封時に試しにBINDを試みるも失敗。
翌日、落ち着いて再チャレンジしてみると驚くほど簡単に解決しました。

 

作業開始時、Youtubeとか見ながら設定を再確認をしてみるも、特に間違ってなさそう。
と、言うかほとんど設定する項目が無いのでいよいよ困り果てて、実は物が壊れてるのかな?と思いモジュールのフタを開けてみました。

 

ん~

 

ん~~

 

あっ!

 

 

(写真では正常ですが)赤で囲ったところのX7側のピンがうまく刺さっておらず、青の所にグニャリと!
慌ててモジュールを外し、ピンを確認するもダメージは特になさそうで一安心。

 

モジュール側の受けコネクタを指でエイッエイッと曲げて修正完了。
それ以降は抜き差ししても問題は起こりませんでした。

 

で、E010との接続ですが設定箇所は下記7箇所を変更すれば飛ぶのは飛びました。

【2/11】Model select>Setupで
・Model name 空白→E010に変更(これは任意ですが)
・Internar RF D16→OFFに変更(しなくてもOK?)
・External RF OFF→MULT Flyskyに変更後FlyskyをMJXQに変更
・Sugbtype WLH08→E010に変更
・E010の電源を入れてRxNumの[Bnd]を押すとバインド完了
・Autobindはチェックを入れておくと電源ON時にバインドしてくれるみたい

【6/11】OUTPUTS
・CH2>Edit
Direction ---→INV(反転)

以上で飛ばせはしましたが、X7に慣れてない&スロットルカーブが直線のまま等でまともには飛ばせませんでしたが(汗)
せっかく買ったので頑張って慣れていこうと思います。

ちなみに設定はプロポをチクチクやるのも良いですが、OpenTX Companionを使う方が全然楽だと思います。
後、バインドする際に毎回プロポの電源ON/OFFやModel Selectで[Bnd]をするのが面倒だったので設定完了後にモデルコピーをしてモデルの切り替えで対応してますが、もっとスマートな方法が無いのかなぁ?と・・・

-プロポ, モル・チャン

Copyright© 行け!もるちゃん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.