趣味や買い物、その他調べた事等の備忘録

行け!もるちゃん

雑記

マチミラOSAKA2017 ドローンレース観戦

更新日:

 

タイトル通りですが
9月2日に大阪で開催されたドローンレースを観戦しました。
初めてドローンレースを生で観戦しましたが、飛ばされている方は本当にすごいですね!いかに自分が低レベルの飛ばし方で満足しているか痛感しました。

そしてあの狭いコースを自在に飛んでいるパイロットもすごいと思いましたが、同時にあの限られたスペースと時間でレースを開催した運営側もすごいなぁと。きっと沢山の制約が有ってものすごく苦労されたと想像します。

 

ただ、間近で見ていて気になった点が。
他のレースを見た事が無いのと、ルールをよく理解していないので全然的外れな事かも知れませんが
閉鎖された場所でレースを行っていて、レース中の機体の回収は誰が行うのか?
今回はパイロットやメンバーの方々が走り回ってる様に見受けられましたが、運営スタッフの方で回収を行えないのか?
今回はそんな事をされている方は見受けられませんでしたが悪意を持ってすればいくらでも時間稼ぎが出来てしまうなぁと。
他にも、まだ中に人が居る状態で誤って飛ばし始めてしまい、あわや(TBS Tangoを持ってた人に)接触というシーンや、レース周回中にも関わらず(赤いポロシャツチームの方が)機体の整備の為にコース内に立ち入る姿等々・・・

今回、場所の制約からなのかパイロットの方と観覧の間に仕切りとか無く、すごく間近で見る事が出来て良かったのですが、その反面誰でも近づく事が出来てしまい、パイロット席の後ろに置いてあるゴーグルとかを勝手に手にとって着けてみたりする姿も気になりました。

MCの方を含め運営の方とパイロットの仲も良さそうでアットホームな感じでとても楽しそうな雰囲気だったのですが、外の人間からしたらちょっと疎外感を感じそうかと。
まだまだこれからの世界ですし敷居を上げるよりは裾野を広げるほうにウエイトを置いておられるのでしょうが、もう少しだけ色々な面での配慮が有った方が親切かと。

エントリーすら出来ない人間の僻みですが、まぁ出るにせよ、運営するにせよ、色々な意味合いでお金って大事だなーと思いました。(笑)

-雑記

Copyright© 行け!もるちゃん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.