趣味や買い物、その他調べた事等の備忘録

行け!もるちゃん

PC

PC入力機器 – トラックボール

更新日:

前回のキーボードに続き、今回はトラックボール。

昔はマウスを使っていたのですが、基本的に片付けが出来ないのでスペースが無い→じゃあ省スペースですむトラックボールを使ってみよう→お、意外と悪くないじゃん。という流れで使い始めたトラックボール。

最初はロジテックのTrackMan Wheel、お次は同じくロジテックのTrackMan Marble FX、その次はマイクロソフトのTrackball Explorer→ケンジントンのExpertMouse4.0→ケンジントンのExpertMouse5.0→エレコムのM-XT2DRと思い返してみれば意外と数を使っていたんだなぁと。
途中でマウスを使っている期間とかもあるし、持ち歩き用はマウスなのでトラックボール一辺倒という訳ではないのですが、現状を振り返ってみると据え置き用・持ち歩き用、どちらもトラックボールになっています。

wpid-wp-1447204872280.jpeg wpid-wp-1447653365479.jpeg

 

ExpertMouseは欲しかった時には既に国内で買えなかったのでebayで購入したシリアルモデルです。

wpid-wp-1429837942291.jpeg wpid-wp-1429837950847.jpeg

実は最初に買った時にケチってケーブル無しのExpertMouseを買ったのですが、普通にPS/2のケーブルで動くだろとか思ってたら、全然違って苦労したんですよ。
いや、よく調べもしないで適当にした自分が悪かったんですけどね。ネットであれこれ調べても、ほとんど情報が無くて諦めかけていたんですが、結局ケーブルを自作してなんとか動くようになりました。

wpid-wp-1447204884849.jpeg wpid-wp-1447204891154.jpeg

この結線図は人によっては有益な情報かも?
PS/2の延長ケーブルを買ってきて片側をちょん切ってミニDIN8ピンを付ければ出来上がり♪
このケーブルでEM4、EM5どちらでも問題無く動きました。

 

M-XT2DRは持ち運び用に買ったのですが、どうしてもボールを動かし始めの引っ掛かり感が気に入らなくて・・・。通常の使用では特に不自由は無いのですが、CAD等の細かい動きで細かいポイントを狙う際に非常に苦労します。

実は最初はM-XT1DRを使っていたのですが、色々事情があってM-XT2DRに変わりました。
M-XT2DRになって支持球が人工ルビーに変わり、M-XT1DRよりはマシになりましたがそれでも「ク・・・クク・・・・ククク」の様なぎこちない動きはまだ発生します。最初は個体差かとも思ったのですが、計3台操作してみて同様の症状だったのでこういうものかと。ちなみによく言われるM570のボールに入れ替えれば。も試してみたのですが、マシにはなるのですがゼロにはならなかったので残念ながら諦めました。スイスイな操球感はM570で実現出来ているので技術的には可能だと思うのですが。
それならM570を使えば良いって事になるのですが、M-XT2DRはその引っ掛かり以外はかなり便利に使えてるんですよ。減速スイッチには好き嫌いが分かれると思いますが、その場合はM-XT3DRにすれば良いでしょうし、左利き用(M-XT4DR)も選択肢として用意してあるのはポイント高いと思います。

僕は少し手が大きめなので「のせ心地」に関してはあまり恩恵を受けていないのですが、手首の所が盛り上がっているマウスパッドを併用すると随分と手首が楽になりました。このマウスパッド(エレコムMP-095)随分と古くからあったと思うのですが全然劣化せずベストセラーも納得です。ちなみにサイズ、奥に向かって傾斜具合がExpertMouseにまるで誂えたかのようにピッタリ合います。

そんなこんなでトラックボールに関しては、ExpertMouseで概ね満足しているのですがM-DT1DRBKも気になる今日この頃です。

-PC

Copyright© 行け!もるちゃん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.